春日部市との懇談会

7月20日に家族会主催で春日部市の職員との話し合いがあり、

ドリセン代表でもうりさん、ニダちゃん、あさみちゃん、職員2名が参加しました。


あさみちゃんはひさしぶりの参加で、ニダちゃんは初めての参加です。


「後ろの方でいいや」と思っていたら、司会者の方に「前においで」と言われ、

一番前に座ったので緊張しました。


言いたいことは言えて、よかったです。



~~参加者の感想~~


ニダちゃん

 「春日部市から『お金がない』と返事があって腹が立ちます」


あさみちゃん

 「毎年、回答は同じなので…。何回言っても同じだと思いますが、

  言い続けた方がいいと思っています。あきれています…」



▼一番前にされちゃった~…後ろでよかったのに~~…(照


▼思いが届くといいなあ

○無駄な道路工事はやめてほしいです。

A.工事は必要があってやっています。無駄ではありません。

  交通の乱れている場所など、具体的に教えてくれれば担当に伝えます。 


○助成金を増やしてほしいです。

A.春日部市の財政はきびしいです。

  障害者福祉も必要ですが、みんなが必要なもの(ライフライン)を優先にしています。



▼がんばって発言しています


○市営プールを作ってほしいです。

A.いまのところ予定はありません。要望は伝えています。


○身体障害者も暮らせる入所施設を作ってほしいです。

A.国は「地域のみんなで助け合う(地域共生社会)を目指しているので、

  春日部市が国と違う方針をすることはむずかしいです。

  春日部市も、福祉施設があれば仕事がしやすいと思っています。



▼この発言はちゃんと聞いてくれているのかな??


○道路の段差を解消してください。

A.場所を具体的に伝えてくれれば、担当の部署に伝えます。

  話を伝えることはできますが、公道・県道・私道と

  道路の種類があるので要望が通るかはむずかしいです。


○多目的トイレを作ってほしいです。

A.新しくできる建物はバリアフリーにしています。

  昔からある建物は、具体的に教えてくれれば担当の部署に伝えます。



▼今回の企画を主催してくださった保護者のみなさんです


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示